@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業概要 D事業総予算 E事業目的 F事業内容
B01 @ 大君まちづくり協議会
   代表者 : 真谷 宏美
   住所 : 江田島市大柿町大君862(旧大君小学校内)
   TEL : 0823−57−4717
A 江田島市社会福祉協議会
   住所 : 江田島市能美町鹿川2060 能美福祉センター内
   TEL : 0823−40−2501
B 第2弾!「輝け! 大君」創設事業

クリックすると大きい画像が表示されます
クリックすると大きい画像が表示されます

C 昨年、地域の核であった小学校・保育園が統合によりなくなり、地域力の低下が懸念された大君地区は、前年度から「大君まちづくり協議会」を発足させ、地域住民主導型のまちづくり事業の先駆的モデル事業として活動を展開していく。
D 2,400,000円
E 大君地区の人口は年々減少を続け、高齢化率は45%に及んでいる。
このままではイケナイ!と、地域の有志が集まり、「大君まちづくり協議会」を発足させ、昨年閉校となった元大君小学校を地域センターとして、地域活動を展開している。
「まちづくり協議会」活動を通して、にぎやかで生き生きのまちづくりを実現したい。
F 旧大君小学校の跡地を活用して、
(1)慣例行事として、お花見会(4月)、盆踊り大会(8月)、敬老会(9月)、住民運動会(10月)、とんど祭り(1月)他
(2)グランド事業として、こいのぼり群の掲揚(5月)、孔雀飼育、花栽培、菜園づくり、芝生と桜の管理、グランドゴルフなどの健康スポーツ
(3)体育館事業として、健康体操や生涯スポーツ等の介護予防事業 (4)児童館機能として、放課後児童預かり事業、自習室の常時開放、ふれあいキャンプ(夏・秋・冬)など  など、さまざまな事業を行う
@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業概要 D事業総予算 E事業目的 F事業内容
B02 @ 社会福祉法人 ひとは福祉会
   代表者 : 寺尾 文尚
   住所 : 安芸高田市向原町長田1857
   TEL : 0826−46−2960
A 安芸高田市社会福祉協議会
   住所 : 安芸高田市甲田町高田原1490−1 ふれあいセンターこうだ内
   TEL : 0826−45−2941
B 長田地域フードサポート事業

クリックすると大きい画像が表示されます
クリックすると大きい画像が表示されます

C 向原町長田において、地元食材と地域振興会の活力を有効に活用して、配食サービスを行っていくことで、高齢者福祉と障害者福祉が融合した形で、ユニバーサルな地域作りを目指す。
D 3,000,000円
E ひとは福祉会が立地する長田地域では、他地域と同様に高齢化が進んでいる。
その中で、食に困りごとを抱えられている方もおられ、障害のある人の日中活動として、食に困りごとを抱えられた方をサポートし、「誰でも安心して暮らせる社会の実現」、並びに、ユニバーサルな地域作りに寄与することを目的とする。
F ひとは福祉会が運営する事業所の日中活動として、長田地域にお住まいの食に困りごとを抱えられた方に、配食形式・レストラン形式などの希望される形態、もしくは移動に困りごとを抱えられている方には送迎を伴って食事提供を行っていく。
また、食材の供給については、可能な限り、地元食材を活用し、食事利用以外の形でも、地域住民の方々に関心を持ってもらい、食材供給という形でもつながりを形成し、農作物の栽培・収穫にも意義を感じていただくことで、介護予防にもつなげていく。
@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業概要 D事業総予算 E事業目的 F事業内容
B03 @ 熊野中学校・組曲「筆の都くまの」保存会
   代表者 : 片川 学
   住所 : 安芸郡熊野町中溝6−1−1 熊野町立熊野中学校内
   TEL : 082―854−0109
A 熊野町社会福祉協議会
   住所 : 安芸郡熊野町中溝1−11−1 中央地域健康センター内
   TEL : 082―855−2855
B 熊野中学校・組曲「筆の都くまの」の継承

クリックすると大きい画像が表示されます
クリックすると大きい画像が表示されます

C 熊野中学校は、「地域文化の伝承と創造」をテーマにして、組曲「筆の都くまの」に、全校で取り組んでおり、これからも、この組曲を継承していく。
D 400,000円
E 熊野中学校の組曲「筆の都くまの」を継続して取り組み、より発展させていくために、人的・金銭的に支援をしていく。
F 熊野中学校は、平成14年度より、「地域文化の伝承と創造」をテーマにして、毎年、組曲「筆の都くまの」に、全校で取り組んでいる。
これは、町内に現存する「筆まつり唄」や「筆踊り」を発展させ、和太鼓、篠笛等の和楽器を取り入れて創作したもので、約30分間、全校生徒で発表するものである。
8年目を迎えた昨年度、和太鼓の革が破れたり、法被が古くなり、補修・買い替えが必要となったが、地域テーマ募金を利用して、和太鼓や法被を買い替えることができた。
今年度は、その維持・管理や幟等を購入するための費用が必要となっている。
@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業概要 D事業総予算 E事業目的 F事業内容
B04 @ 熊野東中学校・東中ソーラン保存会
   代表者 : 面迫 博文
   住所 : 安芸郡熊野町萩原1−23−1 熊野町立熊野東中学校内
   TEL : 082―854−7111
A 熊野町社会福祉協議会
   住所 : 安芸郡熊野町中溝1−11−1 中央地域健康センター内
   TEL : 082―855−2855
B 熊野東中学校・東中ソーランの継承

クリックすると大きい画像が表示されます
クリックすると大きい画像が表示されます

C 熊野町の伝統文化である「彼岸船」を「東中ソーラン」に組み入れ、熊野東中学校の伝統の継承と、地域との交流の活性化に向けた取り組みを行う。
D 1,500,000円
E 熊野東中学校が体育祭などで取り組んでいる東中ソーランは、学校と地域とを結ぶ大きな役割を担っている。
その伝統を継承するとともに、今後は、熊野町の伝統文化である彼岸船を東中ソーランに組み入れることにより、より一層、地域色の強い東中ソーランへと発展させていきたいと考えている。
F 全校生徒による東中ソーランは、取り組み始めてから約10年が経過し、すっかり本校の伝統として定着している。
今年度から、東中ソーランに大漁旗の舞を盛り込み始めたことや、来年度以降は、彼岸船を取り入れたい構想もあり、この機会に、全校生徒の法被を新調したいと考えている。
また、活動が順調に軌道に乗れば、体育祭のみならず、筆まつりや町民体育祭の時など、地域の行事にも積極的に参加し、熊野東中学校の活動を、広く町民のみなさんに披露したいと考えている。
なお、これらの取り組みを進めていく過程においては、地域の方の協力は不可欠である。
特に、町内の彼岸船保存会の方には新たにご指導していただくことになるが、このことも、学校と地域との貴重な交流の場となり、その効果も、大いに期待しているところである。
@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業概要 D事業総予算 E事業目的 F事業内容
B05 @ 特定非営利活動法人 家族と教育を考える会
   代表者 : 横路 忠
   住 所 : 福山市駅家町万能倉1256−1
   TEL : 084―976−7853
A 福山市社会福祉協議会
   住所 : 福山市三吉町南2−11−22 福山すこやかセンター内
   TEL : 084−928−1330
B 被虐待者の支援

クリックすると大きい画像が表示されます
クリックすると大きい画像が表示されます

C @ カウンセリング・サポート事業 
A 自助グループ運営事業
D 2,760,000円
E 家庭や学校などの生育環境の中で、精神的に傷付き、人間関係の問題や心身の不調で悩んでいる人たちの支援を行う。
F (1)カウンセリング・サポート事業
子どもの頃に、虐待を受けたり、感情を抑圧して育ったために、人間関係に悩んだり、心身に不調を感じている人たちのカウンセリングを行い、サポートする。
(2)自助グループ運営事業
虐待や親子関係の問題が原因で、人間関係に悩んでいる人たちが、グループの中で、自分の経験や気持ちを語り合い、支え合う。また、年に4回、会報を発行し、年に1回、専門家を招いて、講演会を行う。
@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業概要 D事業総予算 E事業目的 F事業内容
B06 @ 広島太鼓友の会
   代表者 : 大谷 浩司
   住所 : 広島市安佐南区高取南3−17−4
   TEL : 082−872−9055
A 広島市安佐南区社会福祉協議会
   住所 : 広島市安佐南区中須1−38−13 安佐南区総合福祉センター内
   TEL : 082−831−5011
B 広島地太鼓を未来に伝えたい

クリックすると大きい画像が表示されます
クリックすると大きい画像が表示されます

C 安西中学校区の小・中学生を中心に、広島に千年以上前から受け継がれてきた「広島地太鼓」を絶やさぬように、「広島地太鼓保存会」の指導のもと、今後も練習を行っていく。
D 1,000,000円
E 広島太鼓友の会は、今年度までの5年間、地域の自治会や、小学校、中学校から、和太鼓をお借りして練習してきました。
会自体は、無償でいただいた和太鼓二挺しか所持しておらず、苦労してきました。
今後も、活動を継続するにあたり、所持する太鼓の数を増やす必要があり、皆様に協力をお願いいたします。
F 当会が練習している「広島地太鼓」という打法は、広島の地に、古くは千年以上前から伝 わるもので、現在も、住吉さん、えべっさん、とうかさん等のお祭りでは、「広島太鼓保存会」 の皆さんが叩いていらしゃいます。
当会は、「広島太鼓保存会」から講師をお招きして「広島地太鼓」を習っています。
広島の 地に受け継がれてきた伝統芸能を絶やさぬように、今後も練習を行います。
@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業概要 D事業総予算 E事業目的 F事業内容
B07 @ 山陽高等学校・地域連携委員会
   代表者 : 田邊 康嗣
   住所 : 広島市西区観音新町4−12−5 山陽高等学校内
   TEL : 082−232−9156
A 広島市西区社会福祉協議会
   住所 : 広島市西区福島町2−24−1 西区地域福祉センター内
   TEL : 082−294−0104
B 音楽活動を通じた地域との連携と活性化

クリックすると大きい画像が表示されます
クリックすると大きい画像が表示されます

C 山陽高校は、これまで郷土の文化や芸能の良さを伝えるために、和太鼓の演奏に取り組み、地域と連携して、小・中学校や公民館、お祭り等で演奏してきた。
これから、新たに、吹奏楽での演奏活動を通じて、地域と連携し、活性化を図る。
D 2,000,000円
E 山陽高校は、和太鼓の演奏を通じて、小・中学校や公民館、お祭りなどで、地域と連携して活動を続けてきた。
今後は、和太鼓だけでなく、吹奏楽も含めた音楽活動を通じて、地域の文化の活性化に寄与し、継続して地域と連携していく。
F 山陽高校では、これまで郷土の文化や芸能の良さを伝えるべく、日本の伝統芸能楽器である和太鼓の演奏に取り組み、地域と連携して、小・中学校や公民館、お祭り等で演奏してきた。
今後も、和太鼓の演奏活動を通じて、地域との連携をより一層深め継続して、この活動を続ける。また、新たに、吹奏楽でも、和太鼓同様、演奏活動を通じて、地域と連携し、活性化を図る。
@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業概要 D事業総予算 E事業目的 F事業内容
B08 @ 青少年育成東広島市民会議
   代表者 : 山内 吉治
   住所 : 東広島市西条西本町28−6
   TEL : 082−420−0929(青少年育成課)
A 東広島市社会福祉協議会
   住 所 : 東広島市西条町土与丸1108 総合福祉センター内
   TEL : 082−423−2800
B 東広島市伝統文化継承応援プロジェクト

クリックすると大きい画像が表示されます
クリックすると大きい画像が表示されます

C 東広島市内の小・中学校を対象として、各地域で取り組んでいる伝統文化活動に対する活動支援を行う。
特に、平成23年度は、西条中学校から分離新設される中央中学校の伝統文化活動の創造に向けて、重点的に支援していく。
D 500,000円
E 東広島市内の小・中学校を対象として、青少年育成東広島市民会議が、各地域で取り組んでいる伝統・文化活動に対する活動支援を行い、将来にわたって「持続可能な教育」として継承・発展させていく。
F 現在、東広島市内の小中学校では、各地域の伝統文化を継承するため、西条小学校「オペラ白壁の街」、西条中学校「組曲西條」、高屋東小学校「白市歌舞伎」、原小学校「菖蒲の前」など、各地で活発に活動が行われ、多くの市民に感動と勇気を与えてくれています。
また、平成23年4月には、新たに、西条中学校分離新設校として、中央中学校が開校します。
東広島市の新たな文化の創造に向けた取り組みが期待されます。
そこで、東広島市の伝統文化活動が継承・発展させていく体制を整えていく。
@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業概要 D事業総予算 E事業目的 F事業内容
B09 @ 庄原市社会福祉協議会 ボランティア実行委員会
   代表者 : 山内 文雄
   住所 : 庄原市西本町4−5−26
   TEL : 0824−72−7120
A 庄原市社会福祉協議会
   住所 : 庄原市西本町4−5−26 ふれあいセンター内
   TEL : 0824−72−7120
B 一人でも多くの人が庄原で輝くために

クリックすると大きい画像が表示されます
クリックすると大きい画像が表示されます

C @ 知的障がい者の生活力をつける活動“障がい者日常生活応援事業”
A 信頼できる婚活“ブライダルサポートセンター”
B ひきこもり対策“グッバイひきこもり”
D 1,000,000円
E 特に過疎、高齢化が著しい当地では、民間事業者や当事者会、NPO法人等の活動が少ないため、専門的知識が必要な分野である「知的障がい者の生活力をつける活動」「信頼できる婚活」「ひきこもり対策」を行います。
F (1)障がい者日常生活応援事業 〜 いつかひとりで歩こうね 〜     
「自分のやりたいことを、自分の力でやり遂げる!」そんな思いを実現するために、日常生活に必要なことを繰り返し練習することで、地域の中で自立した生活が送れるようにサポートしていきます。
(2)ブライダルサポートセンター     
家族(夫婦)は、地域福祉(お互い様)のいちばん基礎となる一つです。結婚がなければ、いつか家族は途絶え、ますます庄原は寂れてしまいます。新たなカップルが庄原市内で定住くださることを願い、開設しています。
(3)グッバイひきこもり     
「ひきこもり」について、正しい理解に向けた市民レベルの研修会を行っています。同時に、本人や家族の会を定期的に開催し、少しでも、社会との繋がりを持てるような取り組みを行っています。
@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業概要 D事業総予算 E事業目的 F事業内容
B10 @ 青 壮 会
   代表者 : 山本 正
   住所 : 呉市晴海町3−7
   TEL : 0823−23−6082
A 呉市社会福祉協議会
   住所 : 呉市本町9−21 すこやかセンターくれ別館内
   TEL : 0823−25−3509
B 学童対象の手作り玩具工作の普及活動

クリックすると大きい画像が表示されます
クリックすると大きい画像が表示されます

C 地域の小学校での工作教室、こども祭りなど市の大型イベント会場での玩具工作教室と遊び体験、公民館等での玩具展示と遊び体験などに取り組む。
D 600,000円
E 工作教室など、ものづくりの体験を通した、子どもたちの健全育成と地域社会の絆づくり
F (1)工作教室関連   
・ 地域の小学校での工作教室   
・ こども祭りなど市の大型イベント会場での玩具工作教室と遊び体験   
・ 市民協働センター等での夏休み工作教室   
・ 公民館等での手作り玩具展示と遊び体験
(2)環境美化活動   
・ 地域の身近な環境美化とエコフェスタ等で提供する花苗つくり等