@団体名 A管轄社協名 B事業名 C事業目的 D事業総予算 E事業内容
B10 @

てくてく中郡古道プロジェクト         
代表者 : 黒川 章男         
住 所 : 広島市安佐北区狩留家町3544−1         
TEL : 082−814−0811(安佐北区社会福祉協議会)

A

広島市安佐北区社会福祉協議会      
住 所 : 広島市安佐北区可部3−19−22 安佐北区総合福祉センター内
TEL : 082−814−0811

B
てくてく中郡古道プロジェクト 

〜子どもにできることは、

     子どもに任せる地域開発〜


C @ 子どもに郷土を愛する心を育むことを目的とし、屋外で自然と触れ合う機会を多く作り、自由闊達な子どもを地域社会全体で見守り育てていく。
A 歴史を学び、山・川で遊び、農業体験、食育を通して、子ども達に田舎の良さを知ってもらう。
B 子ども主役の地域興しの提案による、地域興し活動を各町民全体で行う。
C 井原〜口田間の中郡古道と三篠川舟運という二つの共通の資産(歴史と自然)を、都会生活者の「憩いと癒しの場」になるように、受け皿を作り、都会生活者と田舎生活者の交流を図る。
D
4,700,000円

E @ 安佐北区三篠川流域の地域の郷土史研究会のメンバーを中心に、子どもと共に、我が町の古道や史跡を散策し、各地域の良さを再発見しあう。

A 各地域でエコツーリズムを実施できるように、子ども達と共に、田舎の観光基盤を整備する。    
・主要JR駅前又は構内に、地域の史跡・名跡の所在を示す案内板を建てる。
・主要JR駅から史跡・名跡地に案内する道標を立てる。
・史跡・名跡の由来を説明する看板を立てる。など   

B 町を愛し、歴史を継承する次世代を育成するため、3世代交流ツーリズムを実施する。   

C 都会生活者と田舎生活者の3世代交流自然体験を実施する。