社会福祉法人 広島県共同募金会
赤い羽根共同募金会
社会福祉法人  広島県共同募金会

ナビゲーション


社 会 課 題 解 決 プ ロ ジ ェ ク ト

概要 2016年度
地域をつくる市民を応援する共同募金活用事業の趣旨

共同募金運動は、昭和22年に「国民たすけあい運動」として始まって以来、赤い羽根募金として広く定着し、地域福祉を推進する地元の社会福祉協議会の事業をはじめ、さまざまな地域で活動する市民・団体による福祉活動・各種福祉サービス事業及び社会福祉施設の整備事業など、福祉コミュニティを実現する資金として、幅広く役立てられています。
設立から70年を経過した今、共同募金会は「新しい支え合い」を実現するために、地域を原点とした多様な活動をこれまで以上に育成し活性化させていくこととなりました。
そこで、この「新しい支え合い」を実現させるための取り組みを、「地域をつくる市民を応援する共同募金活用事業~じぶんの町を良くするしくみ~」とし、「あなたの意志ある募金が、笑顔あふれる地域社会をつくります。」をキャッチフレーズに、寄付者が使い道を指定できる使途選択募金(ドナーチョイス方式)を活用することにより、これまでにない新しいプロジェクトを開発し実施していきます。
なお、本事業は、これまでの赤い羽根共同募金の助成事業とは異なり、使途選択募金を活用し、各プロジェクトに参加する団体が、共同募金会と一緒に、その活動の必要性をアピールしながら、広島県内において共同募金運動を展開していきます。

共同募金会では、緊急の社会的課題として、自殺、虐待の防止活動、学業も仕事もしていないニート、路上生活者、多重債務者、難病者、被災者、犯罪被害者の支援などを取り上げ、その課題解決のための活動を開始します。

社会課題解決プロジェクトの趣旨

現在の日本社会は、戦後70余年が経過し、物質的にはとても豊かな社会になりましたが、残念ながら、心的にはとても貧しい社会になってしまったといえるのではないでしょうか。
そこで、共同募金会は、喫緊に解決しなければならない社会的課題として、自殺、虐待の防止活動、ニート、路上生活者、難病者、被災者、犯罪被害者、障害者の地域移行、地域社会のニーズに対応する福祉施設等の支援を取り上げ、その課題解決のための支援活動として、「社会課題解決プロジェクト実行委員会」を設置し、既に広島県内において支援活動等を行っている団体の参加のもと、社会課題解決プロジェクトを実施します。
これにより、広島県内の各地域において、地域コミュニティを活性化させ、持続可能な地域社会を構築し、地域福祉の向上を目指します。

社会課題解決プロジェクトの内容

社会課題解決プロジェクト(以下「本プロジェクト」という)は、社会課題解決プロジェクト実行委員会を中心に、本プロジェクトに参加する団体がテーマごとに結集し、県民の皆さんに対し社会課題を解決する必要性を普及啓発すること、並びに、参加団体の活動資金を支援する環境を整備することにより、社会課題が解決することを目的とします。
なお、本プロジェクトに参加する団体は、社会課題を解決する必要性を広く県民にアピールしながら、その活動資金を調達するために、赤い羽根共同募金の使途選択募金への協力を呼びかけることになります。
この使途選択募金が、共同募金会を通じて、当該団体の活動資金として助成されます。
また、共同募金会は、参加団体の運動による使途選択募金に加えて、別途定めるマッチング・ギフトを加算した助成金を、参加団体に助成します。

参加対象団体の要件

下記の要件を満たした団体に限ります。
なお、個人は対象となりません。
① 広島県内が主な活動の場である民間の非営利活動団体であること。なお、法人格の有無は問いません。
② 3人以上の会員で組織し、団体としての活動実績が1年以上であること。但し、学生サークル等の場合には、所属大学等の推薦があれば、
  1年未満でも可とします。
③ 政治活動、宗教活動を主な目的とした団体でないこと。
④ 共同募金運動を通して、自団体の社会課題の解決活動を広く普及できること。 また、参加団体は、平日に開催する運営会議等に必ず出席しなければなりませんので、平日の活 動が困難な団体は本プロジェクトに参加することができません。

参加の対象となる活動分野

社会課題解決プロジェクトは下記の活動をしている団体を対象とします。  
① ニートにならないための活動、並びに、ニートになった人への支援活動
② 自殺予防活動
③ 虐待防止活動、並びに、虐待を受けている人への保護活動
④ 難病者への支援活動
⑤ 防災と災害被災者への支援活動
⑥ 犯罪被害者家族への支援活動
⑦ 障害者の地域移行
⑧ その他 社会課題を解決する活動

運動及び助成の内容

参加団体は、次のような活動を行います。
① テーマ募金による共同募金運動の準備を、平成28年9月から12月末まで行います。
② テーマ募金による共同募金運動を、平成29年1月1日から3月31日まで行います。
③ 前号②による本会からの助成金をもとに、平成29年4月1日から平成30年3月31日まで、 社会課題等を解決する事業を行います。

応募方法

別紙 (下のリンクにてダウンロードしてください) の参加応募用紙に必要事項を記入し、
 7月31日(日)【当日消印有効】までに、下記の添付書類とともに、広島県共同募金会事務局あてに、郵便又は宅配便にてお送りください。
なお、FAXやメールによるご応募はお受けできません。
二次選考にあたり、活動内容・予算等に関する書類を提出していただきます。

【 添付書類 】
① 組織の運営に関する規則がわかるもの(団体の会則、定款など)
② 役員名簿
③ 団体発行のパンフレット、ニュースレターなど
④ その他 新聞記事等、団体をアピールできるもの



スケジュール
【 プロジェクト参加団体の募集予定 】
平成28年
06月30日
参加募集要項等のホームページ公開(申込受付開始)
07月31日
参加団体・申込受付締切
08月04日
参加団体・一次選考(書類選考)
08月07日
参加団体・一次選考結果発表
08月28日
参加団体・二次選考(面接選考)
08月29日
参加団体・二次選考結果発表
【 プロジェクト実施の主な予定 】
平成28年
09月04日
参加団体・第一回運営会議の開催
09月06日
配分委員会による承認
10月中旬
参加団体・第二回運営会議の開催
10月31日
助成金申請書(事業活動内容・募金目標額等)の提出締切
11月中旬
参加団体・第三回運営会議の開催
平成29年
01月01日
参加団体による共同募金運動の開始
03月31日
参加団体による共同募金運動の終了
04月01日
第八期 社会課題解決プロジェクトの助成対象事業の開始
04月30日
助成金確定申請書の提出締切
05月中旬
配分委員会による承認
06月初旬
参加団体への助成金の交付(交付式)
平成30年
03月31日
第八期社会課題解決プロジェクトの助成対象事業の終了
04月30日
第八期社会課題解決プロジェクトの完了報告書の提出締切


参加応募用紙、添付書類等の提出された書類は、参加団体の選考のためのみ利用します。
また、受理した書類等は返却いたしません。
機密保持には十分配慮いたしますが、参加団体に選考された場合には、情報公開の対象と なり得る旨、あらかじめご了承ください。

2016年度の参加団体が決定しました

2016年度社会課題解決プロジェクトの参加団体が決定しました。
本年度の社会課題解決プロジェクトは、8月26日の二次選考(個別面接)により、下記の14団体が2016年度社会課題解決プロジェクト参加団体に決まりました。
なお、事業内容詳細については10月31日までに確定予定です。

↓事業番号をクリックしてください。詳しい説明が表示されます。

事業番号
参加団体/事業名
所在地
公益社団法人 広島被害者支援センター
広島市
犯罪被害者や遺族の支援
NPO法人 反貧困ネットワーク広島
広島市
生活貧困者の救済
公益社団法人 家庭問題情報センター広島ファミリー相談室
広島市
面会交流の普及推進
NPO法人 あいあい広場
福山市
重度障害者の生きがい作り
NPO法人 ピピオ子どもセンター
広島市
居場所のない子どもへの支援
一般社団法人 広島県助産師会
広島市
産後ケア
NPO法人 ひろしまチャイルドライン子どもステーション
広島市
(電話でつながる)心の居場所づくり
一般財団法人 メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン 広島支部
広島市
難病の子どもの夢の実現支援
すべての障害児者と市民を結ぶひろしま県民会議
広島市
幅広い障害児者理解の普及
食べて語ろう会
広島市
(食を通しての)非行防止
NPO法人 日本タッチ・コミュニケーション協会
広島市
乳幼児虐待予防
社会福祉法人 広島いのちの電話
広島市
24時間自殺予防電話相談
PACE福山支部(福山大学・学生サークル)
福山市
子どもの防犯対策
NPO法人 もちもちの木
広島市
多世代共生交流の拠点づくり
*受付順

過去のプロジェクトについて
過去のプロジェクト一覧



Copyright©2003-2018.Hiroshima Community Chest All Right Reserved.